初心者のための住宅ローン比較入門講座

住宅ローン比較ガイド

住宅購入時の資金計画

自己資金はいくら必要?

更新日:

かつてマイホームを取得する際には、購入価格の20%の頭金が必要とされていましたが、 現在では物件価格の90%〜100%の融資をしてくれる住宅ローンも多く登場していて、少ない自己資金で住宅を取得する事も可能となっています。

自己資金の用意は必要?

マイホームの取得にあたって、住宅ローンが利用出来る金額以外は自己資金として自分で準備でしなければなりません。

自己資金として必要な額は『頭金+諸費用』ですが、

必要な自己資金は『物件価格 ー 住宅ローンの借入額』として算出できます。

かつては住宅ローンの借入限度額が物件価格の80%であった為、差し引き20%の頭金が必要でした。

さらに新築物件の場合で仲介手数料が発生する場合は『物件価格×2%〜5%』、中古物件で仲介手数料が発生する場合は『物件価格×5%〜8%』程度の諸費用がかかりますので、 合計で物件価格の30%程度の自己資金がないとマイホームの取得は難しかったと言えます。

現在でもこの水準が理想である事は変わりませんが、少ない頭金でも融資が受けられる住宅ローンが増えていたり、 民間住宅ローンの中には諸費用も含めた額で融資を行うところもあり、ほぼ自己資金ゼロでマイホームが取得出来る場合もあります。

しかしながら、ローン関係の諸費用も、利用する住宅ローンによって大きく異なります。

ある一方の住宅ローンではローン保証料が無料となっていますし、ある一方のローンでは団体信用保険料が金利に含まれています。

住宅ローンを選ぶ際には、金利だけではなく、これらの点も考慮に入れておきましょう。

参考:年収が低い人の住宅ローン

-住宅購入時の資金計画

Copyright© 住宅ローン比較ガイド , 2018 All Rights Reserved.