初心者のための住宅ローン比較入門講座

住宅ローン比較ガイド

住宅ローンの基礎知識 諸費用

借入れにかかる諸費用は?

更新日:

住宅ローンを金融機関から借りる場合、ローンの他に諸費用がかかります。

内容は住宅ローンを借りる金融機関によって異なりますが、代表的な諸費用をご紹介します。

住宅ローンの借入にかかる諸費用

  • 印紙税
    住宅ローン(金銭消費賃借)の契約書を作成するときに課税される。借用する金額によって税額が決まる。
  • 登録免許税
    ローンを組む場合は、購入物件を担保とするが、その抵当権の設定登記を行う際にも税金がかかります。
  • 司法書士報酬
    抵当権の設定登記を依頼した時の報酬
  • 融資手数料
    住宅ローンの種類や金融機関等で大きく異なり、数万円〜『借入金額×2.1%』程度が一般的
  • 保証料
    指定された保証会社から保証を受ける際にかかる費用。数十万円を一時金で支払うタイプと、ローン金利に 上乗せするタイプに分かれるが、無料のところもある。
  • 団体信用生命保険料
    死亡時等にローン残債を完済してくれるしてくれる生命保険。民間ローンの場合は、金利に含まれているのが一般的。
  • 火災保険料・地震保険料
    借入時に一時払いで長期の加入が義務づけられる。※例外的に、分割払いで加入出来る金融機関もある。(地震保険は義務ではないが加入しておくと安心)

土地・建物の取得にかかる諸費用

  • 印紙税
    売買契約書や建築請負契約書を作成する時に収入印紙を張付して納付する税金。契約金額等で税額は変わる。
  • 不動産取得税
    不動産を取得する際にに課税される地方税。敷地や床面積が広くなければ実質非課税となる事が多い。
  • 仲介手数料
    不動産業者を通した取引では、取引価格の3%+6万円を上限とした仲介手数料が必要となる。(この手数料には消費税が別途かかる)
  • 修繕積立一時金
    新築マンションの場合、将来の大規模修繕に備えた資金として20〜40万円程度を納めるのが一般的
  • 下水道等負担金
    戸建てでは、新規に上下水道を引き込むための負担金が必要となる場合もある。(数万円〜数十万円程度)
  • その他清算金
    固定資産税などを前の所有者と日割りで折半する。

土地・建物の登記にかかる諸費用

  • 登録免許税
    所有権の保存、移転などの登記を行う際に課税される。
  • 司法書士報酬
    登記は司法書士を通して手続きするが、その司法書士に対する報酬(一般的には6万円前後)

-住宅ローンの基礎知識, 諸費用

Copyright© 住宅ローン比較ガイド , 2018 All Rights Reserved.