初心者のための住宅ローン比較入門講座

住宅ローン比較ガイド

住宅ローンの基礎知識 諸費用

住宅ローンの保証料とは?

更新日:

かつて住宅ローンを組むにあたっては、本人が返済出来なくなった場合に肩代わりする事を約束する、連帯保証人が必要でした。

現在では個人の連帯保証人を立てるのではなく、金融機関が指定した保証会社に保険料を支払って保証を依頼する事が原則となっています。

具体的にはどんな仕組み?

ローンを組む金融機関により保証を行う機関は異なり、民間ローンの場合は金融機関が指定する保証会社を利用する事になりますが、 複数の保証会社がある場合は、どこに保証を依託するかで保証料やローン金利が違ってくる事もあります。

なお、『フラット35』の他にも保証料が無料となっている民間の住宅ローンが徐々に増えてきているので事前に確認をしてみましょう。

万が一ローンの返済が6ヶ月以上遅れるような事があると、金融機関は契約者に全額の返済を求める代わりに保証会社は請求をします。 これで契約者の金融機関に対する返済義務はなくなるのですが、だからといってローンが消える訳ではありません。

今度は肩代わりした保証会社に対して返済をしなければならないのです。この段階まで来ると、住宅を任意に売却したり競売にかけたりするケースがほとんどでしょう。

ローンの返済が難しくなったら、できるだけ早く金融機関に相談することが大切です。金融機関としても契約者がローンの返済で行き詰まる事を望んでいる訳ではありません。

状況によっては返済計画の見直しに応じてくれる場合もあります。

保証料の水準

ローンの保証料は、借入金額や返済期間などの諸条件に加えて、収入状況や保証会社によっても異なります。

銀行系の保証会社ははぼ同じ保証料の水準である場合が多いのですが、中には一般的な水準と比べると2倍以上となってる場合など、 高いケースがあります。ローン金利と違い、保証料の水準はあまり注目されていませんが良く確認をするようにしましょう。

借入金額1,000万円あたりの保証料の1例

期間:5年 保証料:45,800円
期間:10年 保証料:85,440円
期間:15年 保証料:119,820円
期間:20年 保証料:148,340円
期間:25年 保証料:172,540円
期間:30年 保証料:191,370円
期間:35年 保証料:206,110円

※保証会社や、返済能力の判定結果によっては、かなり高い場合もあるので注意が必要。

-住宅ローンの基礎知識, 諸費用

Copyright© 住宅ローン比較ガイド , 2018 All Rights Reserved.