初心者のための住宅ローン比較入門講座

住宅ローン比較ガイド

住宅ローンの基礎知識 諸費用

団体信用生命保険とは?

更新日:

住宅ローンを借りる際に、ローンの契約者を被保険者として加入する保険が、『団体信用生命保険』です。

万一、死亡・高度障害となった場合には、保険金から住宅ローンが一括返済されて、家族はローンの負担から解放されます。

もしもの時に住宅ローンを全額返済

長期間に渡る住宅ローンの返済中には何が起こるか分かりません。その為、民間住宅ローンでは原則として 『団信』への加入が融資の条件とされています。

保険料は住宅ローンの金利に含まれていますので、別途支払う必要はありませんが、健康状態の理由から団信に入れない場合は、 住宅ローンを借りる事も出来なくなります。

一方、フラット35や住宅金融支援機構を通して申し込む財形住宅融資では、団信への加入は任意です。

しかし、万一のときに必ず加入すべきと認識しましょう。 ただし、フラット35の団信は任意加入なので、保険料の負担が発生します。

加入手続きについて

ローン契約後に、団信の申し込みをする事は出来ませんので、ローンと一緒に手続きをする事が必要です。

提出する書類は、『機構団信による債務弁済充当契約申込書』と、『申込書兼告知書』の2つです。

一般の生命保険の契約で必要なケースもある医師の診断書は一部を除いて不要です。

保険料は所得控除の対象になる?

一般の生命保険料は年末調整や確定申告で所得控除の対象となりますが、

団体信用生命保険は、年末調整や確定申告で所得控除対象となりませんので注意が必要です。

また、保険料の滞納があると自動的に失効します。

-住宅ローンの基礎知識, 諸費用

Copyright© 住宅ローン比較ガイド , 2018 All Rights Reserved.