初心者のための住宅ローン比較入門講座

住宅ローン比較ガイド

金利タイプの比較

一定期間固定金利

更新日:

一定期間固定金利は、固定金利のように全期間に渡って金利が固定されるのではなく、

当初の一定期間だけ金利が固定され、固定期間が終わると、その時点の金利が適用される金利タイプです。

銀行のよって呼称はすこしずづ異なりますが、『固定金利特約タイプ』、『固定特約タイプ』などと呼ばれているものです。

当初の固定期間が終了すると、期間終了日翌日からその時点金利が適用されます。

その際、手続きをしないと変動金利が自動的に適用されますが、期間終了前に手続きをする事で、再度一定期間固定金利タイプへの変更も可能です。

一定期間固定金利のメリットとデメリット

金利タイプメリットデメリット
短期間の固定特約タイプ①期間が短いほど金利が低い
②低金利の状況なら、当面の返済期間を確定させたうえで低金利のメリットを享受出来る
①金利が固定される期間が短い
②借入後に金利が上昇すると、当初から長めの固定金利を選択した方が特になる事がある
長期間の固定特約タイプ①支払額が長期間に渡って確定するので資金計画が立てやすい
②長い期間に渡って金利上昇のリスクが無くなる。
①期間が長くなるほど金利が高くなる
②金利が高い時に借りると、借入後に金利が低下しても低金利のメリットを享受出来ない

-金利タイプの比較

Copyright© 住宅ローン比較ガイド , 2018 All Rights Reserved.