初心者のための住宅ローン入門講座

住宅の購入は人生でも一番大きな買い物となります。一括払いで購入出来ればそれに越した事はありませんが、 住宅ローンで購入資金を金融機関等から借入し、30年、35年・・と長期に渡り返済をして行くのが一般的です。

現在では住宅ローンを取り巻く状況は激変しており、これまで以上に情報を集め、比較・検討しなければなりません。実際に『どの住宅ローンが良いか?』『どういった資金計画が好ましいか?』といった点については頻繁に答えが変わっています。

当サイトでは住宅ローンの概要と選び方を事前知識として初心者にも分かりやすいように解説しています。皆様の住宅ローン選びのお役に立てれば幸いです。

◼︎住宅ローンに不安がある方はこちらもどうぞ
» 住宅ローンの教科書

住宅ローンの種類と特徴
住宅ローンには色々な種類があり、どれを利用するかで将来の家計などに大きな影響が出てきます。
借入先による種別としては『公的融資』と『民間融資』に加えて、証券化ローンである『フラット35』に分かれます。
» 詳しくはこちら

住宅ローン金利の種別
住宅ローンの金利は、大きく『固定金利』と『変動金利』の2つに分類されます。
どちらを選ぶかで将来的な損得が変わってくるので、住宅ローンを選ぶ際に最も重要なポイントとなります。
» 詳しくはこちら

自己資金はいくら必要?
かつてマイホームを取得する際には、購入価格の20%の頭金が必要とされていましたが、 現在では物件価格の90%〜100%の融資をしてくれる住宅ローンも多く登場していて、少ない自己資金で住宅を取得する事も可能となっています。
» 詳しくはこちら

安心出来る借入金額は?
しかし、審査が通ったからといって それが安全な資金計画であるかは別の話です。『借りられる金額』と『安心して返せる金額』は必ずしも同じではありません。
» 詳しくはこちら

団体信用生命保険の加入について
団体信用生命保険は、支払者が万一、死亡・高度障害となった場合に、保険金から住宅ローンが一括返済されます。一般的に民間の住宅ローンでは団体信用生命保険の加入が融資の条件とされています。
» 詳しくはこちら

ローンの保証料について
かつて住宅ローンを組むにあたっては、本人が返済出来なくなった場合に肩代わりする事を約束する、連帯保証人が必要でした。
現在では個人の連帯保証人を立てるのではなく、金融機関が指定した保証会社に保険料を支払って、保証を依頼する事が原則となっています。
» 詳しくはこちら

住宅ローン控除の概要
住宅ローンの年末残高に応じて、一定期間にわたり所得税等が軽減される『住宅ローン控除』ですが、入居する年が遅くなるにつれ、減税額は縮小されています。
» 詳しくはこちら

2018年どの金利での借入れを検討していますか?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...